DRメッセージ

勤務医横山真紀子先生へのインタビュー

dr_yokoyama

横浜歯科クリニックに常勤として勤務しています。横山といいます。

私は「なぜこのクリニックに就職したのか?」その理由をシンプルに述べますと「診療技術の向上」のためです。

もちろん高い給料もいただきたいですが、そのためには「診療技術の向上」、「コミュニケーション能力を高める」この2大テーマに磨きをかけたく、横浜歯科クリニックに就職いたしました。

以前の私は、今思うとぬるま湯につかっていたように思います。

研修医終了後歯科大に在籍(約5年弱)していたのですが、あまり臨床経験は積めませんでした。

歯科大の特徴と言ってしまえばそれまでですが、自分の歯科医としての成長に不安を覚え、開業医への就職を決断いたしました。

就職した医院ではそれなりに診療させていただいたのですが、担当医制でなかったため、在籍4年目くらいから物足りなさを感じ、更に自分を飛躍させたく、歯科医師として10年目の春、横浜歯科クリニックに就職させていただきました。

一から再出発

当院では「一から診療を学び直したい」と院長に話し、院長の作成した診療マニュアルを中心に約6ヵ月間、研修を行ってもらいました。

診療マニュアルとは、小児、保存修復、歯内療法、歯周病、歯周外科処置、口腔外科、全身管理、予防(定期健診)、クラウンブリッジ、パーシャルデンチャー、顎関節症、インプラント、自費治療の考え方、初診対応、フルマウスをふまえた治療計画の立案等、勉強会を行い、じっくり説明をしていただきました。

抜去歯での根管形成(ニッケルチタン)、根管充填(バーティカル)の実習、実際の患者様に行う支台形成等、入念にチェックしていただいてから、診療をすすめる毎日でした。

臨床のコツとはなに?

例えばあなたは、小児の抜髄や根管治療をどのように行っていますか?
innai_2

小さいお子さんは、お口も小さいしとても診療しずらいですよね。しかし実はある方法を使えば、とても簡単なのです。もちろん予後良好です。

そのため私もイライラせず、効率よく診療を行えるようになりました。そして小児といっても予防・保存修復・歯内療法・保隙装置外科…と更に細分化して指導を受けました。

以上のようなことはほんの1例にすぎませんが、このようなことを前述したカテゴリーに対し指導を受けたことにより、私の中で明確な「考え方の基準」が出来上がったのです。

歯科医師人生のターニングポイントになったことは間違いありません。

今では私の診療の基礎であり、ガイドラインになっています。このガイドラインのおかげで、以前はどことなく自信を持てずにいた私ですが、現在自信を持って診療に臨めるようになりました。

私が自信を手に入れた要因(新患を診るということ) shuushoku

又私が自信を手に入れた要因はもう1つあります。それはこのクリニックではたくさんの新患さんを診療させてもらえることです。あなたは1日に何人の新患さんを担当していますか?

院長は常々「新患を診ることは技術だけでなく、医師としての判断能力説明能力など、総合力に磨きがかかるので、大切なトレーニングです」と言っています。新患さんの主訴を問診し、明確に聞き出し、適切な診査、判断を下します。

そしてそれに見合った処置及び治療計画が立案されていきます。したがって治療の技術だけでなく、限られた時間の中で歯科医としての総合力が試される場でもあるのです。

このような一連の流れが、効率良く行われた後に、主訴に対する処置が行われるため、診療技術・判断力・説明力に磨きがかかるのです。当院に勤め始めのころは、この判断力に自信がないため、当然迷いながらの診査を行います。

人間迷いがあると無駄に時間がかかるもので、以前はとても新患対応に時間がかかりすぎていました。

しかし今ではおおよそ効率良く処置も含め、進めることができるようになったため、かなりの数の新患をまかせていただくようになりました。(もちろん私が主治医となります。)

私が得た財産

innai_1

今後はさらにスキルアップを目指し、インプラントや高度歯周炎に対する歯周外科及び歯周補綴に挑戦していきたいと思います。

このクリニックに来て良かったこと それは「自信を持って診療を行えるようになったこと」と断言できます。つまり私は今後の歯科医師人生にとって最も大切な、お金以上の財産を手に入れることができました。(お金はこれから手に入れる予定です。)

ぜひあなたもこのクリニックでお金よりも大切な財産を手に入れて下さい。そうすればいつでもどこでもお金は手に入れることが出来るのですから!

横山先生へ

横山先生が当クリニックに勤め始めて最初に私が言ったこと それは「根管治療をとにかく丁寧にやりなさい。」としつこく言いました。

根管治療をみれば、おおよそDrの技量がわかります。一般開業医では外科や義歯作製の実力も根管治療の技量に比例するものです。

結局どの分野の治療においても、その先生の性格、人格が反映されます。今ではとてもきれいな根管形成・バーティカルの根充が当たり前のように行われていますね。

歯科医にとって最も重要であり基本となる部分です。そして3Mixもうまく応用し、予知性の高い治療へと変貌していきましたね。今後もこの調子でがんばって下さい。

さらにこれからの課題として歯周外科(補綴)を含めたフルマウスやインプラントなど高度な治療にも挑戦していきましょう。あなたがここまで成長したのは自身のがんばりがあってこそです。今後もこのクリニックを大いに支えていって下さい。

そして今度はあなたが若い先生を指導するくらいの気持でいて下さい。こんな院長について来てくれてありがとう。本当にありがとう。

横浜歯科クリニック 院長 石川洋史