院長メッセージ

どこに勤務したら歯科医として
成功できるのだろうか?

recruit_1

横浜歯科クリニック院長の石川洋史です。
あなたは現在どのクリニックで診療すれば良いのか大変迷っているのではないでしょうか?1日のうちで最も長い時間を過ごす場所でもあります。勤務したクリニックによっては技術の向上に影響があるかもしれません。収入に影響を及ぼすかもしれません。そして何より歯科医としての成功に大きく関与することになるのは当然であると思います。

ただし成功とは人それぞれ定義が違い、漠然としすぎていませんか?あなたにとって成功とはどのようなものですか?

1.成功への道とは?(誰だって成功したい)

私にとって成功とは大きく分けて3つで成り立っていると思います。(経営者と、勤務医とで立場の違いはありますが)

まず1つ目は経済的な自由を得ること。やはり経済的に豊であることは当たり前だと思います。人生はお金がすべてではないことは当然ですが、人間は衣食住を常に維持しなければなりません。そのためにはお金が必要です。きれいごとは言ってられません。

2つ目は時間的な自由です。どれだけ収入が高くても、長時間労働を繰り返し、365日働きづくめで成功といえるでしょうか?やはり家族や愛する人とともに過ごす時間が確保できてはじめて豊かな人生と言えるのではないでしょうか?(経験の浅い先生は、沢山働いて、沢山勉強するという大量行動が必要ですが)

3つ目は自由に動く体、つまり健康であるということです。お金もある、自由になる時間もある、しかし体がいうこときかなければ、お金も時間も十分活用できなくなってしまいます。

2.なぜ仕事をするのか?
(ビジネスのカリスマ、斎藤一人さんの言葉)

recruit_2

仕事のために生きるのではなく、生きるために仕事をすると考えています。もう少し私の硬い話にお付き合い下さい。私にとって仕事とは2つの意味があります。1つは生活のためです。衣食住にお金がかかることは前述のとおりです。そしてもう1つは「仕事を通じて徳(社会貢献)を積み精神性を高める」という理由。これは私のクリニックの医療人としての理念となってます。ビジネスのカリスマ、斎藤一人さんの「人はなぜ生きるのか?それは喜怒哀楽様々な経験を積み、人格を高めるため」という言葉が大好きです。医療の現場はこの言葉を体感するには最適な場所ではないでしょうか?

人間の喜怒哀楽を含めた経験は人によってもたらせるものであり、人間を通じて経験値を高めていきます。絶対に無人島では無理ですよね。あたり前のことですが、診療室にはたくさんの患者様が日々いらっしゃいます。医療を通じて患者様にお褒めの言葉や、感謝の言葉、お叱りの言葉をいただく時もあります。又上司や同僚スタッフ(チームメンバー)からも同様のことがあるかもしれません。このようにして人間同士が人間として磨かれながら、輝きを放つようになるのではないでしょうか?

喜怒哀楽様々な経験をして人間性を高めていくと考えています。つまり診療室はあなたの人生の道場なのであり人間性を高める最高の場所であり、チャンスなのです。

recruit_3

仕事とはあなたの心と経済を豊にします。患者様のお役に立つ(徳を積む)ことで、患者さまの心も豊かにするのだと思います。くり返しますが仕事を通じて精神的に成長するチャンスが、特にあなたの職場であるクリニックにはたくさんあるのです。あなたが歯科医であること、それは天から与えられた、最高の才能と能力であることを忘れなければ、きっと心から充実感がわいてくるでしょう。これからも、あなたは、そして私も仕事に携わり、生きていかなくてはなりません。これからはあなたも狭い視点で人生をみるのではなく、視野を広げて大きなイメージで物事を捉えると、今までとは違った毎日になるのではないでしょうか?どんな大きなことも小さな一歩の積み重ねからなのですから。

私はコンプレックスだらけの人間

たとえあなたが他の先生より不器用(私もその1人です)だったとしても、またあなたが他の先生より口下手(私もその1人です)だったとしても、あなたが他の先生よりスタッフとの関係作りが苦手だったとしても(私もその1人です)、患者様から信頼される先生になることに、支障はありません。そうです。それでも「あの先生は治療が上手よね。」「あの先生はやさしく私の話を良く聞いてくれる。」「あの先生に安心して治療してもらえる。」と言ってもらうことができます。現在就職活動されているあなた。様々な思い、事情、悩み、希望があると思います。
一流のドクターになりたい。専門性を極めたい。お金を稼ぎたい。そのようなご要望を当院でお話してみませんか?

勤務医の不満とは?

recruit_4
  • 有名な先生の医院で勤めたけど、アシストばかりしかやらせてもらえなくて、全然治療させてもらえない。
  • まったく、高度な治療を教えてもらえない。
  • 常にこれで良いのかと思いながら診療している。
  • 自分の技術アップのために得られるものがあまりない。
  • 自費の患者さんは全部、院長が見てしまって自分は診せてもらえない。
  • セミナーで習ったことを実践させてもらえない。

多くの勤務医の先生が自分の勤め先に不満を持っているようです。しかしこのような不満を持つということは、歯科医師として向上したいという意欲を持った先生方です。やる気はある。しかし、自分に合う環境ではなかったために成長ややりがいも得ることができない、というのは非常に悲しいことです。私は勤務医として働く間の成長は非常に重要だと思います。