開業をお考えの先生へ

DSC_9428

開業をお考えの先生には、成功へのお手伝いをさせていただきます。
開業への集備で最も大切な事は資金の調達と、立地選定です。どのように金融機関を選び、融資の交渉を行っていくのかアドバイスします。また、無理のない返済計画の立案もお教えいたします。そしてテナント開業、居抜き開業、土地開業、形態は様々ですが、希望の形態での立地選定のコツ、物件情報の収集の方法をお伝えします。私は立地選定に丸三年を費やしました。安易に場所を決めてはいけません。

まずはテナント開業なのか、土地を購入してクリニックを建設するのかでわかれてきますし、物件探しも交わってきます。テナントでは、一般テナント、医療ビル、ショッピングモール内などがありますが、テナント料に大きな幅があります。
まずは方向性を決めると良いでしょう。そこからある程度の資金作りが必要になり、自費資金+融資となるのが一般的ですが、融資も様々な方法があります。
銀行での借り入れも、中小企業支援制度や住宅ローンまたは国民政策金融公庫など様々です。
金利や返済期間により、無理のない返済計画が必要です。事前に事業計画書の提出を求められるため作成しておかなければなりません。
これらのことはあらかじめ勉強しなくてはなりません。

マーケティング(集患)マネージメント(教育・採用)を学べる

DSC_9389_cre

勤務医の先生にはピンと来ないかもしれませんが、歯科医院経営とはメディカルサービス(医療サービス)、マーケティング、マネージメントの3つで成立しています。私はこれらを3Mと勝手に呼んでいます。メディカルサービスは一生かけて学び続けるもの、私といっしょに学んでいきましょう。また、私もまだまだ学んでいる最中ですが、スタッフ教育やモチベーションアップ、採用対策なども学習しなければなりません。
将来開業したい先生はもちろん、長く勤務医として活躍したい、副院長クラスになりたい。など様々な願望があると思います。
そして当院はそのどれもが実現可能です。開業する場合には「どうやって集患するのか?」というマーケティング力、そして「どうスタッフをいかに活かすか」「いかに協力して同じ目標を目指すか」というマネジメント力が求められるのは当然です。腕が良ければ患者さまは来てくれるという時代は終わりました。
現在歯科業界は他業種同様、昔にはなかった競争原理がすでに働きはじめています。残酷ですが生き残らなければなりません。そのために前述の3Mを身につける必要があるのです。ただ治療だけしていれば良いわけではありません。ただスタッフと仲良く仕事をするだけでなく、スタッフのモチベーションを高め、共に意識を高め合う人材が求められます。そしてこれらのスキルは漠然と勤務しているだけでは身につきません。開業や副院長など将来へのステップも考えて、治療技術だけでなく「マーケティング力」「マネージメント力」まで身につけるチャンスがあります。